中国ビジネスキャリアコース
TOPページ
トピックス
| トピックス一覧 |
南通だより2017【その26】

 みなさんこんにちは。私たちは5月の最後から6月の頭まで、忙しい1週間を過ごしました。
 5/31にはスピーチコンテストがあり、この3ヶ月間の留学の集大成とも言えるイベントでした。みんなこの日のために準備をして、たくさん練習してきました。私は中級クラスの最後だったので、みんなの発表を聞いている間とても緊張しながら順番を待っていました。本番は思っていたよりも緊張しましたが、終わったあとはとにかく達成感がすごくありました。中国語をたくさんの人の前で発表することはそうそう無い機会だと思うので、良い経験になったと思います。そして、スピーチコンテストに出場するにあたり、授業終わりや、休日に指導していただいた先生方には本当に感謝しています。

(スピーチコンテストでの集合写真)

 6/2から6/5はCBCC全員で北京旅行へ行きました。出発の日は一緒に生活してきた京都学園の生徒の子とお別れの日でもあったので、少し寂しく思いましたが、次は日本で遊ぼうという約束をしました。
 1日目は寝台列車で北京へ移動だけの日でした。初めての寝台列車は狭くて、もう一度乗りたいとは思えないものでした。2日目はあの有名な天安門広場を観光しました。教科書やテレビで見た景色を実際に見られて感動しました。そのあとは王府井という、古い町並みがある所を観光しました。屋台がたくさん並んでいる所を、歩いているとサソリや虫を串に刺して焼いたものが売られていて、驚きました。さすがに食べることはできなかったです。3日目は有名な世界遺産でもある、万里の長城へ行きました。万里の長城は宇宙から肉眼で見える唯一の建造物だそうです。いくつか登るところがあるのですが、今回私たちは八達嶺という場所に行きました。男坂と女坂があり、男坂は傾斜が急だと聞いたので、女坂を登りました。足場はそんなに良くないのに、角度があり、横の塀もそんなに高くないので少し怖かったです。山の斜面をそのまま登っているような感覚でした。3日目はお昼の飛行機で上海へ移動し、バスで南通まで帰るだけの予定だったので、早起きして数人で地下鉄に乗り天壇公園へ行きました。天壇公園も世界遺産の一つで、とても広く、一つしか有名な建物は見られませんでした。公園の中には健康のための遊具がいくつもあり、朝の8時半頃にはたくさんのお年寄りが運動していました。そこに混ざって一緒に運動してみました。朝からあんなに動くことはないので、健康になった気がします。
 今回、初めて北京へ行ったのですが、さすが中国の首都というだけあり、とても広く人も多かったです。しかし、どちらかというと上海の方が都会だなと感じました。ガイドさんが言うには、上海は商売、北京は文化の街だそうです。知らなかった中国の一面をまた一つ知ることができました。
 南通留学も残り一ヶ月を切りましたが、日本に帰ってからも機会があれば、いろいろなところへ行ってみたいです。(前田 若那)


(天安門広場)


(万里の長城)


(天壇公園)

2017年06月14日
このページの先頭へ
| 桃山学院大学TOPページへ | 経済学部TOPページへ |
COPYRIGHT(C) ST.ANDREW'S UNIVERSITY. ALL RIGHT'S RESERVED.