中国ビジネスキャリアコース
TOPページ
トピックス
| トピックス一覧 |
南通だより2017【その33】

 大家好(みなさんこんにちは)!南通留学も残りわずかとなりました。留学に来る前は不安などもありましたが、今になるとCBCCのみんなとこの留学に来られて本当に良かったと思うし、もう少し留学が長くても良かったと思えます。
 そんなわけで、この留学最後の行事でもあるインターンシップについてです。自分は南通帝人有限公司さんにお世話になりました。主な作業はワーカーさん達と一緒に教えてもらいながら、糸掛けやワッシャー磨きなどをさせていただきました。ワーカーさん達のほとんどは日本語を話せず、中国語でのやりとりでした。自分は中国語の発音が苦手なので話すときは少し苦労しました。それでもワーカーさん達は嫌な顔をせずに話しかけてくれたり、間違えた発音をしていると後で休憩の時などに正しい発音を教えてくれたりと、すごく楽しく作業を進めることができました。
 ただ、工場内での仕事はすごく大変でした。特に室内の温度は最後まで慣れませんでした。雨が降ったときはさらに温度が上がって汗だくになり、休憩になると毎回自販機まで飲み物を買いに行っていました。それ以外では特に辛いこともなく、むしろ楽しく仕事体験することができました。日本ではこんな体験はできないと思うので、この経験を将来に生かせたら良いなと思います。
 残りの留学生活も楽しく過ごせるように頑張ります。(松本 大槻)

(工場内での作業の様子)

 大家好(みなさんこんにちは)!ついに南通留学も今週で終了です。最初は不安や緊張など複雑な感情で留学が始まりました。もちろん楽しみだとも思っていましたが、中国の文化に自分がしっかりと対応できるかという不安や、一緒に行くCBCCのみんなとうまくやっていけるのかという緊張など心配していた要素はたくさんありました。
 でも、中国の文化も現地の学生や自分たちに優しくしてくれた方々のおかげですぐに慣れていくことができて、面白い文化などもたくさん知ることができました。CBCCのみんなとも、日本ではほとんど話したことが無い人とも一緒にご飯に行ったり、買い物に行ったりと、本当に楽しく過ごせました。もちろん現地の学生の皆さんからも優しくしてもらったり、遊びに連れて行ってもらったりしましたが、今回の留学を一緒に来たのがCBCCのこのメンバーだったからこそ、こんなにも楽しく、そして有意義に過ごせたと思います。今回の南通をCBCCのみんなと行けたことがすごく幸せに感じます。
 この留学が終わると前みたいにCBCCのみんなで集まることがどんどん減っていくと思いますが、この留学で経験したことを忘れずに、CBCCのみんなと最後までしっかりと頑張っていけたらいいなと思います。(松本 大槻)

(6/26の南通大学修了式後にみんなで)

2017年07月02日
このページの先頭へ
| 桃山学院大学TOPページへ | 経済学部TOPページへ |
COPYRIGHT(C) ST.ANDREW'S UNIVERSITY. ALL RIGHT'S RESERVED.