経済学部講演会

経済学部では、講演会「フクシマから考える、これからのエネルギー政策」を開催します。

福島第一原発の事故はどう収束できるのか?
原発の何が問題なのか?
脱原発は本当に実現可能か?
そのために必要な政策や市民の行動とは?
自然エネルギーが抱える課題は克服可能か?

講師をお招きして、お話を伺いたいと思います。
事前お申し込み不要、参加自由、無料です。ぜひご来場ください!

【開催日】 2011年7月24日(日)
【時 間】 13:00~15:00
【会 場】 桃山学院大学 2号館 ハイビジョンシアター

▼講師紹介
講 師: NPO法人環境エネルギー政策研究所 所長 飯田 哲也 氏
著書に『北欧のエネルギーデモクラシー』『原発社会からの離脱―自然エネルギーと共同体自治に向けて―』(共著)など。主要メディアへの出演、講演多数

Comments are closed.