修士論文テーマの紹介

2016年度
修士論文名 指導教員
消費税の「益税」についての考察 田代昌孝
Export of Vietnamese Fruit to Japan 江川暁夫
日系食品企業の中国市場戦略と課題 大島一二
消費税のデジタル財課税の検討 竹原憲雄
日系食品企業の中国販売戦略の展開 大島一二
2015年度
修士論文名 指導教員
日系乳業メーカーの中国への参入と課題 大島一二
来日観光客の経済効果に関する研究 大島一二
中国繊維企業の現状と発展方向 大島一二
中国政府の環境問題対策と課題 大島一二
2014年度
修士論文名 指導教員
中国不動産ブームと日本バブルの比較研究 木村二郎
消費税における簡易課税制度の再検討 竹原憲雄
中小規模スーパーの海外戦略 大島一二
日本食品企業の海外輸出戦略に関する研究 大島一二
中国の成長と地域間経済構造の変化 井田憲計
わが国の所得税における人的控除のあり方 竹原憲雄
中国における日本外食産業の経営戦略 大島一二
中国中小企業の日本市場開拓に関する研究 大島一二
中国における教育財政格差と課題 大島一二
消費税の簡易課税制度における益税問題 田代昌孝
消費税の非課税制度に関する考察 田代昌孝
2013年度
修士論文名 指導教員
日本の相続税における取引相場のない株式評価の再検討 竹原憲雄
非伝統的金融政策の効果 木村二郎
日系農業企業の海外進出戦略の転換 大島一二
中国の自動車環境問題に対する自動車産業政策の展開 竹歳一紀
日本の租税特別措置における研究開発減税のあり方 竹原憲雄
中央銀行の独立性とその意義 中野瑞彦
中国建築業界における労働組織の研究 大島一二
金融危機時代における非伝統的な金融政策の評価 中野瑞彦
2012年度
修士論文名 指導教員
周波数オークションの是非 荒木 英一
市民共同発電所の展開と課題 竹歳 一紀
消費税の非課税制度に関する一考察 竹原 憲雄
日本の所得税における人的控除の再検討 竹原 憲雄
消費税の簡易課税制度に関する一考察 田代 昌孝
中国の企業金融の課題と展望 中野 瑞彦
グローバリゼーションによる企業間関係の変化に関する一考察 義永 忠一
2011年度
修士論文名 指導教員
ブロードバンド市場の需要分析 荒木 英一
ワーキングプアについて 伊代田 光彦
邦銀の収益性とリスク管理の分析 中野 瑞彦
日本の個人住民税に関する一考察
 -応益課税と課税ベースの在り方-
竹原 憲雄
ユーロの経済収斂条件と安定成長協定の再検討 中野 瑞彦
日本巨大企業の株式所有構造の変化
 1970年以降の売上高上位200社の株主構造の変化を中心として
上野 勝男
消費税の逆進性に対する緩和措置の検討
 -非課税制度から給付付き税額控除まで-
田代 昌孝
消費税の逆進性に関する一考察
 -非課税制度の課題と軽減税率による逆進性緩和効果について-
田代 昌孝
中国における産業構造の分析 唐 成
日本の所得税における給与所得控除制度の再検討
 -概算控除のあるべき姿-
竹原 憲雄
2010年度
修士論文名 指導教員
日本の地球温暖化対策が日中経済に与える影響
 -GTAPモデルによる分析-
竹歳 一紀
日本の貧困について 伊代田 光彦
日本の所得分配について 伊代田 光彦
日本における公的資金投入とその効果の検証 中野 瑞彦
消費税の逆進性の緩和措置についての再検討
 -非課税制度を中心にして-
竹原 憲雄
2009年度
修士論文名 指導教員
習慣形成を含んだマクロ動学分析の基本的構造 中村 勝之
中国における家電リサイクルの現状と国際化への課題 竹歳 一紀
円為替レートと中小企業 -日本の中小企業の経験を中心に- 伊代田 光彦
簡易課税制度の再検討 -みなし仕入率と適用上限の在り方- 竹原 憲雄
地域資源利活用のためのバイオマスタウンの構築とその課題
 -大阪府岸和田市を事例として-
竹歳 一紀
量的緩和政策の功罪 木村 二郎
中国の中小企業金融に関する実証分析 唐 成
日本の高度経済成長期の光と影 -高度経済成長の教訓- 伊代田 光彦
我が国の法人税の課税ベースの検討
 -平成10年度改正の評価を通じて-
竹原 憲雄
中国の不良債権問題と銀行システムのあり方 中野 瑞彦