大学院の案内

Enpitu アカデミックコース・税理士コースの2コース制で、幅広い社会的ニーズに対応します

 社会経済の発展により、社会の大学・大学院に対するニーズも急速に変化しています。
 経済がますます複雑化・高度化するにつれて、企業活動も複雑で高度なものとなっており、従来の学部教育では不十分となりつつあります。また社会全体としても高度な専門性を持った人材を必要としています。国際機関で働く国際公務員の中には職階により修士以上の資格が必要なものがあり、国際公務員を目ざそうとすれば、まず修士の資格が必須となります。
 本研究科では、ますます多様化する社会的ニーズに対応するため、色々なコースを用意しています。
 

Enpitu 税理士試験へ向けて

 税理士資格は、数ある資格の中でも役に立つ資格として知られています。税理士コースを修了して審査に合格すれば、税法科目の試験免除を得ることができ、税理士資格取得への近道となります。

 

Enpitu 学部学生の進路として

 大学で学んだ学問をさらに深く追求したい、研究したいという学生諸君には、アカデミック・コースで、経済学に関する専門知識を教授するとともに、修士論文作成を通して、研究者として必要な方法論や見識の訓練を行います。
 本研究科では、経済理論、金融・財政、地域経済、国際経済の各分野の専門家がそろっており、院生の多様な研究関心に応えることができます。
 税理士の資格を目ざす諸君に対しては、財政学・租税論を中心に研究し、税法科目免除につながる税理士コースがあります。また、教職資格をとり専修免許(中学社会科、高校公民科)を取得することができます。
 

Enpitu 留学生にたいする高度教育の場として

 日本とアジア(とくに中国、アジアニーズ、アセアン諸国)との経済的相互依存関係がますます深まっています。アジアの域内における貿易や投資の規模拡大が続く中、国際ビジネスの遂行に必要な専門知識をもつ人材の養成が急がれています。
 自国のことをよく知り、高度な専門知識を習得する留学生は高い即戦力をもつ者として期待されます。そうした時代の要請に応えるために、経済学研究科は外国人留学生の受け入れを積極的に行います。
 

Enpitu 社会人の再トレーニングとして

 一旦社会に出て、さらなるキャリアアップや資格を取得したいと考えている社会人に対して、本研究科は、高度で専門的な知識を教授するとともに、資格に直結するトレーニングを行います。
 これからさらに社会で活躍しようとすれば、経済学を通した深い洞察と識見が必要となります。将来、わが国でも欧米同様学部卒以上の学歴が重要視されるようになると考えられます。
 本研究科では、各分野で皆さんに知的トレーニングを行うとともに、修士号を授与いたします。