経済学への誘い

Enpitu 桃山学院大学経済学部では、激動する現代の経済社会問題を、広い視野から見つめ分析することのできる人材を育成したいと考えています。

経済学の深い専門知識とともに、法・経営・社会・国際文化・情報科学といった関連分野の幅広い知識を備えた人。
さらに、そうした知識をベースにして経済社会のさまざまな問題に対する自分なりのしっかりとした見地を持ち、社会のなかの各々の持ち場で問題解決のために指導的役割を果たしうる人。

私たちの経済学部ではそういう人材の育成を目指しています。

こうした教育目標を達成するために、経済学部のカリキュラムは、経済学の基礎的・専門的科目群を中心に、経済学に関連する学問分野(法学、経営学、社会学、国際文化研究、情報科学)の科目群をバランス良くあわせ持った構成となっています。

Enpitu 桃山学院大学の経済学部では、基礎学習からスタートして、四つのコースを軸にした専門学習へステップアップしていきます。

まずカリキュラムの前半部分、つまり大学生活 4 年間の前半部分では、経済学部生全員が、経済学の基礎的・一般的知識の習得に取り組みます。また、それと並行して、関連する学問分野の基礎的・一般的学習も行います。ここでの学習目標は、大学生活後半部での専門学習に向けて、しっかりとした基礎学力を養っておくことです。

そしてカリキュラムの後半部分、つまり大学生活 4 年間の後半部分は、前半で培った基礎学力を土台にして専門知識をさらに発展深化させることを目指す、いわば応用学習の段階です。
経済学部では、コース制を採用して、学生諸君各自の興味関心に沿った専門学習の深化をサポートしています。専門学習のためのコースは、生活経済コース・地域経済コース・グローバル経済コース・現代経済分析コースの四コースを設置しています。