Archives
Recent Entries
Search


2009年10月31日

大阪のギャラリーはうるさい

福島 A used camera shop野田阪神 Christmas in October
浄正橋の古い写真屋(D5000+Tam10-24)、野田阪神ウィステ4階(D90+A09)

今日は休み(と決めて^^)、阪神電車でブラブラ。たまたま入った西梅田のキャノン・ギャラリーで、どえりゃ〜ものを見てしまった。シュピーゲルとかいう団体の写真展。うまいな〜。淀川沿いの密集した住宅の写真とか、ボクも何度か撮ろうとしたけど、あぁこんな風にはまったく思いつかなかった(意気消沈^^)。それにしても、大阪の写真展は、なんであんなに騒々しいのか^^。東京なんかいつもシーンと静まりかえってるのに、大阪の写真展というと、だいたい、小さなギャラリーのまんなかにおいた椅子に関係者たちが座って大声で談笑してる。眉をひそめようものなら、「気に入らんなら来るな・帰れ」と言われそうなので、我慢してるけど・・・^^。


西梅田 A lady
西梅田 (D5000+Tamron10-24)

2009年10月27日

性差別の経済学、秋のセール

英語圏からのある留学生より、日本の性差別に関する彼女自身の研究についてコメントを求められる。なんだか、研究があんまり進展せず、弱っている?様子。で、専門分野(労働経済学専攻)の同僚に相談。「ジェンダー経済格差 Gender Inequality」という本を紹介してもらう(さすが専門家)。なるほど、日本の Gender Empowerment Measure (女性管理職比率などを国際比較するための指数)は韓国と並んで世界最低だ。それに関する包括的な調査を厚労省がやっているらしいこともわかる。でも、この本を紹介してあげるにせよ、厚労省調査のありか(URL)を教えてあげるにせよ、どれもこれも、ぜんぶ日本語で書かれてるんだよん・・・(日本のことを研究するんだから日本語は必須か、やっぱり^^)。日本企業における性差別の問題は、現在は、ゲーム理論の戦略的補完性から説明するのが主流らしい。「日本企業は差別的だ」とデータを示すだけでは論文にはしにくいようにも思うけどな。。

天王寺まで野暮用で出かける。ひさしぶりに新世界のスパワールドへ寄って(ずっと1000円キャンペーン中)、恵比寿町から難波までブラブラと歩く。なんさん通りにカメラのナニワが中古カメラ専門店をオープンしていた(以前からあった?)。新宿西口で2万円でゲットしたニコンF100、大阪の中古屋でも 2万5000円くらいで売ってるやん(といっても、大阪でははじめて見たけど)。冷やかしにさわらせてもらったら、ボクのよりもキレイで製造番号も新しかった(悔)。

新世界 Shin-sekai 恵比寿町 Ebisu-cho 日本橋 Nihombashi
新世界、恵比寿町、日本橋 (Ricoh GR D3)

カメラをかえると気分も変わる。GRを持ったら、やっぱり、こんな風な感じになるでしょ^^。

2009年10月24日

GRD3

DSC_0035.jpgあこがれの^^ リコーGRをゲット(家族会議の審議了承済み^^)。かの森山大道の愛機にして主力機の流れをくむ名機、正統少数派?御用達のカメラ。180gの軽量、28mm(フルサイズ換算)の単焦点レンズしか付いていないコンデジ、でもこのレンズはめちゃ明るくて、精細なRAWイメージを吐いてくれるんです。さいきんカメラを持ち出すヒマがないから、これをいつもカバン(リュック)にしのばせておこう、という作戦^^。

2009年10月22日

コサイン誤差

4月の休みの日にヒマつぶしで計算してみた、被写界深度とコサイン誤差の関係(こちら)。計算結果を Flickr に残しておいたら(こちら)、今頃になって、中文圏?のどこぞの掲示板で勝手に引用されているのを発見。ここ数日間、この掲示板からとつぜんにかなりの数のアクセスがあって、気づいた。で・・・彼らの結論は・・・左の絵が、スレッドの最後に掲示されている^^。まぁ、他人に説明するために残したものではないし、さっき見直してみたら計算もすこしおかしかったような気がするけど、そんなところでわからん同士が話していないで、計算をした本人に直接に聞けばいいのに・・・^^(本人は、キミらの足跡をトレースして掲示板を発見、会話の進展を観測中、だけどこれ以上は進まないみたい^^)。

彼らは、目標の被写体を構図の隅に置くとピンボケが出ることを経験則として知っている。でも、なぜそうなのかはわかっていない(ように見える)。でも、経験から出た対応策はちゃんと正解を言い当ててる(絞りをできるだけ絞り=被写界深度をできるだけ広くして、目標にできるだけ近いフォーカスポイントを使う)。だから、それでいいのだ(かな?)。

2009年10月16日

Cosmea, D3s

鶴見緑地公園のコスモス。撮影会の集団がいて、落ち着けなかった。豪華カメラと大型三脚のあいだに割り込んで、格安軽量極小デジイチ(D5000+パンケーキレンズ)でちょこちょこと撮影して、そそくさと退散(正直に言うと、仲間と見られるのがちょっと恥ずかしかった^^)。

鶴見緑地 Cosmea
Kissed by Light (D5000+Voigt20)

そういえば、昨日、ニコンが新フラグシップ機 D3s を発表。解像度は1200万画素におさえたままで、感度を一挙に増やしてきた。常用感度 ISO12800 (102400まで増感可能)という未踏の世界。流石にニコン、コンセプトが明快で一貫している。まぁいずれにしても手が出る価格ではないけれど、世界じゅうのおカネ持ちに売りまくってもらって、コストダウンした後に出る普及機をボクはねらおう^^。ここまでのニコンのロードマップ(製品発表サイクル)からすると、来年夏までには同じセンサーを積んだ D700s が出るだろう。。

興味深いのは、解像度を上げることにやっきになっていたキャノンと、感度を上げる方向にシフトしたニコンとの、「競争」の内幕。センサーを自家開発できないニコンと、開発スタッフを揃えたキャノン。この(自家)開発力の差が二社の競争にどう作用しているのか。
まぁキャノンは、感度の面でも、すくなくともカタログ上の数字では、早晩追随することは間違いない。ただ、品質上も同等のセンサーをキャノンは開発できるのか、できないのか(しないのか)。答は何通りかの可能性がありそうで・・・

  1. 容易に開発できるので、品質上も同等のものをすぐに市場に投入する
  2. 容易に開発できるけれど、あえて品質上も同等のものは開発せず、ニコンに利を与えつづける
  3. 開発は容易ではないが、採算はとれるので、品質上も同等のものを市場に投入する
  4. 開発は容易ではなく、採算がとれないので、品質上も同等のものは開発しない(品質は劣るが数字上はニコンと同等のセンサーを市場に投入する)
  5. 品質上も同等のものはキャノンには開発できない
さて、どれ(どの組み合わせ)が正しいのでしょう。。考えるヒントはふたつありそうな気がする。
  • ニコンのセンサーを開発しているのはどこの会社か、その会社とキャノンの技術力の優劣
  • キャノンの独占 or ニコン・キャノンの二大体制。どちらのほうが世界市場(デジイチの魅力)を維持拡大するために有利か
まぁ、(5)はないだろう。(2)か(4)がおもしろいが、単純に(1)か(3)かも。(1)はニコンファンとしてはさびしいものがあるけどね^^。

2009年10月15日

iPhoneアプリ

iPhone の楽しみ方をいろいろ物色中。ここまでにインストールしたアプリケーションをメモ^^。
まず、歴代トップアプリケーションのなかの、i英辞郎、i文庫(青空文庫)、産経新聞(毎朝刊全紙面の無料購読)、そして ToyCamera は外せない^^。それから、FastFinga。漢字でも英語でも数式でもなんでもかんでも、手書き(指書き)で素早くメモがとれる。これは圧巻^^。あと、AirSharingGoodReader。大きなPDFファイルも効率的に読めるので、カメラ関係のマニュアル類を全部 iPhone にぶちこんだ^^。ほかに、食べログ、Google Earth、BBC World News などなど。
すでに昨日、青空文庫のなかに田中英光「オリンポスの果実」を見つけて(なつかしさのあまり^^)読みふけり、電車を乗り過ごしてしまった^^。

2009年10月13日

趣味の楽しみ, iPhone

先週水曜(台風上陸前夜)に撮影した松島の写真(↓)が、Flickr で 100 viewsを超えた。Flickr はもう半年くらい使っているんだけど、自分の写真を他人が運営するグループに「投稿」しはじめたのは、つい2週間前のこと(高校同期の友人=数少ない理解者^^のコメントやアドバイスに刺激されて、ちょっと気分が変わったので・・・^^)。「駆け出し」の Beginner's luck? に少し驚いた。で、今朝は、ボクの大阪の写真を集めたアルバム(お暇ならスライドショーはこちら^^)に、ちょっとウルルとくるようなコメントをもらった。

I love this album ^_^ so many wonderful pictures, they make me miss Japan.
コメント主は、英国在住の日本女性。あなたの写真は日本を恋しくさせる、それはうれしいな〜^^。

とはいえ、やっぱり合点がいかないのは、自分の思いと他人の評価とのズレで・・・^^。たとえば、↓の台風上陸前夜の二枚。評価してもらえたのは下の松島の写真。でも、これは実は、傘をさして歩きながらほとんどノーファインダーで撮ったもの。一方、上の九条の写真は、コンビニの軒で強い雨風をしのぎながら20分くらい粘って撮った数十枚のなかから選んだ一枚。自分としては九条のほうに思い入れが強いんだけどな。。

昨晩、近所のショップで携帯電話の乗換えを完了。au からソフトバンクに(もちろんMNPで電話番号は変わらず)。まだほんの少ししか試していないけれど、iPhone は素晴らしい。Mobile Gmail が格段に便利になり、Google Maps や Safari(WWWブラウザ)も快適。Word や Excel の事務文書(メールの添付ファイル)を何の問題もなく精細に表示できる(Google Document では文字化けや罫線ズレなどが頻出していて、ナニがクラウドじゃいと思ってたんだけど^^)。 iPhone3Gs 16GB を買ったので、iPod が不要になった(といっても、キャンペーンの割引サービスをいろいろ勘案すると、ほぼ無料で購入できた感じだけど)。夫婦あわせた毎月の使用料はほぼ同じ。というのも、iPhone を使い倒しても、ネット使い放題の「定額なんとか」サービスも au とまったく同額だから(さらに iPhone は無線LAN端末としても使えるのね、自宅ではもちろん、マクドナルドやドトールや東京駅などの WiFi サービスも無料で^^)。悔やまれるのは、11日の日曜日に乗り換えていれば、梅田のヨドバシで10000円キャッシュバックをやってたらしい、これだけが残念でならない^^。

2009年10月10日

Today is a good day to do ...

朝から学会を聴講。専修大学生田キャンパスは最寄り駅(向ヶ丘遊園)から徒歩15分とあったが、あの急な坂道を誰が15分で登りきれるのか(いや、あんなのをしんどいと思うのはボクだけかも^^)。
「差別」というタイトルのセッションにて。インドのカースト制(階級間の所得格差)が崩れつつあるという分析(Quantile Decompositon)や、大学教員の世界にも男女格差が未だ残るといった分析(hazard function)などなど。本学大学院あたりでも何度も聞かされそうなテーマだけど、理論モデルと実証分析手法はかなり高度。いずれも、「機会の平等」を基本にして理路整然とした展開。ちょうど偶然、行きの新幹線車中で読んでいた本(『日本経済の活性化』日経新聞社)の中に、「主流派の経済学者は、機会の平等を目指すべきであり、結果の平等を目指すべきではないという合意を持っている」とまで言い切っている一文を見てちょっと驚いたこともあり・・・。

で、夕刻は恵比寿ガーデンプレイスで過ごす。

恵比寿 Today is a good day恵比寿 People heading for a museum
今日は良い日、美術館へ向かう人たち(恵比寿, D5000+Voigt20)

ところで、携帯電話を落として破損してしまった。機種変更はばからしいので、au からソフトバンクへの家族一斉(といっても妻と二人)の乗換えを思案中。この際だから iPhone3G に^^。

2009年10月07日

台風上陸前夜

今日は三限まで、あとはなんもなし。勤め帰りにひさしぶりに写真を撮ろうと、夕刻から弁天町・九条界隈をブラブラしはじめたんだけど・・・雨がきつすぎて退散。大型の台風18号が接近中、明日は全学休校(たぶん)

九条 on the eve of a typhoon
松島 On the eve of a typhoon
雨の九条・松島 (D5000+Voigt20, 写真をクリックすると拡大します)

2009年10月06日

秋学期のはじまり〜

すっかり夜型になってしまっていて、秋学期最初の月一しょっぱなの留学生向け講義は、徹夜あけで、3ヶ月ぶりの講義を8ヶ月ぶりに話す英語で^^。油汗に冷や汗に、ほんとに蒸し暑かったのでとにかく汗まみれに。社会人聴講生が一人。定年退職したばかりの高校の先生(数学)にして、この講義をまじめに聴く(ことのできる)はじめての日本人学生^^。留学生の受講者数も過去最多かな、みんな頭良さそ〜で、なんでそんなに英語がうまいの? ^^
というわけで、今年は、講義前日に、某国立大若手研究者にリハーサルにつきあってもらうことにした。日曜午後にアンデレ館11階にて Japanese English で日本経済を語る会を催してます。おヒマなら冷やかしに来てくらはい。なんでも、英語講義を担当する人が少なくて教務サイドはお困りだとか。私のリハーサルを聞いて、おぉこれでええんか〜と自信を持っていただけるかもね(これをはじめる時に当時の教務委員に言いましたが、私は Human Sacrifice 人柱ですから^^)。まぁ、ということで、またまた身がひきしまる秋学期やね〜(涙)。

ところで、汗をかいてベトベトになった時に、トイレで鏡を見たりすると、前頭部の毛髪がますますうすくなっていることにあらためて驚く。白髪は知性の象徴・ハゲは痴性の象徴。そういえば、学生時代にすでに「あんたはハゲになる」と予告されてたんだな(散髪屋に^^)。

9日(金)から12日(月)まで東京へ。今回も、勝手知ったる門前仲町に連泊。土曜の午後あたりに、写美に寄れるかな〜。