Archives
Recent Entries
Search


2010年06月27日

SafariでGoogle翻訳

この情報(Safariで簡単Google翻訳)のおかげで、ハングルで書かれた記事の概略がなんとかわかるようになった。
読みたかったのは、韓国 My Daily 紙の記事「日本ネチズン、韓国はウルグアイより一枚上とのトリビュート」。W杯決勝トーナメントでウルグアイに敗れた韓国チームに対して、日本のネチズンたちが激励の賛辞を送ったというもの(大手掲示板に翻訳が掲載されたものだが、自分の目で確認したかったから)。ボクは、日本が「永遠の格下」だった頃からの韓国サッカーのファン^^なんだけど、今回の韓国チームに関して言うと、華麗な「ファンタスティック4」、なかでも朴主永(韓国の中村俊輔、いや失礼、韓国のメッシ)に頼りすぎたきらいがあったのでは?後半戦のチャンスの大半は、右サイドを駆け上がる重戦車、車ドゥリ(車範根の息子!)が作っていたように見えた。韓国らしくないゲームだったと思う(まぁ、あいかわらず男前の李東国も久しぶりに見ることができたので、基本的には満足だけど)。ファンタジスタより重戦車、8年前(日韓W杯)に中村俊輔を外したトルシエの判断は正しかったのかも・・・。


拙宅付近

2010年06月22日

iPhone(3GS)内蔵カメラ

iPhoneのOSが4.0にアップデートされたが、どこが違うのだろか^^。Google sync がトロくなったのと、なぜかSafariがときどき固まる。内蔵カメラはほとんど使ったことがなかったんだけど、OSアップデートの記念に試してみた。昼過ぎに仕事を終えて、土佐堀から大淀あたりをブラブラ。
iPhone3GSのカメラは300万画素ということ以外に公称値がない。Exifに焦点距離3.9mmと記録されているが、画角は意外と狭い感じ(40mm相当くらいにはなるように思うけど、センサーは特注極小品?)。さらにExif情報から、絞りf2.8固定でシャッター速度が調整され(絞り優先AE^^)、isoは70前後のようだ。パンフォーカスではなく、画面上の任意の位置をタップするとそこにオートフォーカスして、露出もその位置で重点測光してくれる。概して、よく写ると思う(↓はわざと粒子を粗くしているから参考にはならんけど・・・^^)。

西梅田土佐堀

2010年06月20日

郵政再国営化の争点?

先週は日本の財政のあらましを話したので、当然の流れとして、今週は金融の話をせねばならない。日銀のサイトで資金循環統計などを確認して既に資料は配布済みなんだけど、さて、600人のお客様の興味を惹くためには・・・。というわけで、さいきん話題沸騰?「池上彰の学べるニュース」に敢えてチャレンジしてみようか、と(大それたことをモサク中^^)。郵政民営化見直しの部分の録画を見せて、「これぢゃあホンシツ的なことはな〜んもワカランぜよ〜」などと宣ってやりたいものなんだけど・・・。といっても、よく考えると(考えなくとも)、郵政再国営化の論点っていったい何なんだろうか^^(350兆円や財政投融資の話にもっていくつもりなんだけど、単純に「票田」だとしたら池上先生はピントを外しているわけではないし・・・)。


2010年06月19日

Justice, Spooks

注文していたDVDが相次いで届いた。Justice(NHK「サンデル教授のハーバード人気講義」)と Spooks(2009年放映分、日本のBSジャパン「MI5」では未だ放送してない分だよ^^)。さっそく、Spooksの続編を2年越しに鑑賞(シリーズ6までは2年前に購入)。でも、一枚目の第一話であっけなく主人公が爆死(彼が死んだらもうあとは見る気なくなった^^)。Justiceのほうは、iPhoneで通勤時間に鑑賞予定(ただいま、mp4に変換中)。

Namba stationNamba station
阪神なんば駅

今日はアウン・サン・スーチーの誕生日らしい。Britanica online によると、Aung San Suu Kyi: Myanmar democratic and human rights activist Aung San Suu Kyi, the daughter of Aung San (a martyred national hero) and Khin Kyi (a prominent diplomat), was born this day in 1945 and was awarded the Nobel Peace Prize in 1991. アウン・サン・スーチーの父、アウン・サンは「殉死した国家の英雄」とある。

ほぼ2年ぶりにSpooksを見たこともあり、ビルマ独立をめぐる面白い話(産経新聞「真珠湾を見た男」)を思い出した。

英国が「殉死したビルマ建国の英雄」と称えるアウン・サン。彼を暗殺したのはウ・スーという男だが、このウ・スーに暗殺のための武器と兵隊を渡し(暗殺をそそのかし)たのは、実は、英国である(まさにSpooks^^)。ウ・スーは戦前のビルマ首相で熱心な独立論者だった。1941年秋に彼は、ビルマ独立を懇願するため、英米への旅に出た。が、チャーチルもルーズベルトも彼に会おうともしなかった。失意のうちに帰路についたウ・スーは、停泊先のハワイで、日本軍の真珠湾攻撃に出くわす。日の丸攻撃隊の勇姿にビルマ独立の希望の光を見いだしたウ・スーは、日本政府に連絡をとる。が、その通信は傍受され、彼は英国に囚われの身となる。終戦後に釈放されてビルマに戻った彼は、母国が、英雄アウン・サンによって独立を勝ち取ったことを知る。そして、ウ・スーは怨念の虜となる。なぜなら、ビルマ独立のために奔走した真の英雄は自分なのだから。狡猾なチャーチルは、ウ・スーの嫉妬心を見抜き、彼に武器と兵隊を与える。ウ・スーは即座にアウン・サンを暗殺した。英雄を失ったビルマは、再び、英国の狡猾な支配下に入る。さらに狡猾なチャーチルは、アウン・サンの娘(アウン・サン・スー・チー)を英国に引取り、英国によるビルマ支配の切り札として、彼女にエリート教育を施す・・・。

2010年06月18日

財政のあらまし

今週月曜木曜の「経済学」では、日本の財政のあらましを説明。プライマリバランスを10年後に黒字化するという中期財政戦略が発表されたおりでもあり、(一部の^^)受講生は興味を持ってくれた(かな?)。ただ、こういう話はなんだか、右も左もわからない学生相手に拙い演説をぶっているような雰囲気がなきにしもあらず(「日本の大学の先生は教室外で通説を語り、教室内で自説を語る」とは、さる高名な先生の有名なお言葉。でも、数名いる社会人聴講生のなかのお一人が、ときどき私がうっかり発する本音の言葉に反応して快哉の笑みらしきものを浮かべてくださるので、ついつい調子に・・・^^)。

といっても、内容自体は、優等生(財務省の回し者)的の標準的なもの(講義資料はこちら、教室内ではちゃんと通説を語ってますから^^)。日本の現状は「中福祉低負担」。この歪んだ状態をどの方向に是正していくか。高福祉高負担(スウェーデン型)か、中福祉中負担(英独)か、低福祉低負担(米)か。答はやっぱり、中福祉中負担の道だろう。つまり、税金をあげる(低負担を中負担にする)方向。ここ数十年の社会保障費の異常な伸び(他の費目はすべて横ばいか減少)を見ると、「まずムダを省いてから」なんて言うのは的外れ。「企業からもっととれ」と言ったって、法人税はすでに世界最高水準(OECD統計)。所得税と消費税は国際的に見てかなり低いんだけれどね・・・といった感じ。

ところで、来る日も来る日も私語を叱り続けていたら、とうとう学生(保護者?)からクレームが来たらしい。いわく、先生はいつも機嫌が悪く、通常の質問をしても、私語をしている者と同様に冷たい対応をされる。欠席したためプリントを欲しいといってもそっけなく相手にされない・・・。あのネ^^、誓って言いますが、私は、通常の質問をしてくる学生さんには常に懇切丁寧ににこやかに対応しています。が、「欠席したからプリントをくれ」などというのは「通常の質問」ではありませんよ。そもそも、「欠席したからプリントをくれ」という人のために、過去のプリントの入手法についてはここまでの講義中に4回も説明しました。6月に入ってからはさすがにそんなことを言ってくる人はいなくなっていたのに、あなたはまったく出席していなかったのでしょうね。

2010年06月16日

旧友、大学Webサイト

ここのところ毎週水曜日は、学食の教職員コーナーで食事をとることにしている。大学院同期の旧友が非常勤で本学に来てくれていて、昼休みにここで必ず会えることがわかったから。今日は、帰りのバス・電車でも偶然に一緒になって、いろいろと話をした。彼の本務校(県立大学)では、県が予算をしぶり学部ホームページを自作せよと言ったこともあるとか。う〜む、いろいろだなぁ。

というようなことはさておき、大学サイト(と学部サイト)のあり方はやっぱりちゃんと考えねばならない(ようだ)。いろんな大学のホームページをながめていると、「上位校」「総合大学」と呼ばれるところは、全学共通部分と学部独自部分をきっちり分けている。そりゃそうだろう。「総合大学」を標榜する以上、この形式以外には考えにくい。しかし・・・金太郎飴の全学サイトと貧相な学部サイト(いや、全学サイトは金太郎飴でいいんだけど)。これは、単に、予算配分の問題ではないのだろうか。。

2010年06月11日

レンタルサーバ

格安レンタルサーバを物色中。現在のこのサーバ(1996年以来15年あまりの長きにわたり数度の更新を経て使い続けてきた「憧れのアルファ」)とは、泣いても笑っても、あと1年足らずでお別れ。そのあとのことが少々不安になってきたので、とりあえず学外のLinuxサーバにでもミラーをひとつ作ってみようということで。。

.
大学正門付近

HomewardHomewards
Homeward journey

2010年06月08日

最小不幸社会

「奇兵隊」新内閣は最小不幸社会をめざすそうだ。ものすごくラフな感想だけど、幸福最大化と不幸最小化は同値ではないように思う。規制緩和自由化により国際競争に打って出ようとする前者の果敢(あるいは無謀)なイメージに対して、後者には、来るべき経済失速に備えて貧しさをシェアする社会を目指そうという賢明(あるいは敗北主義的)なイメージが・・・^^。


A vacant space
拙宅付近の空き地

2010年06月05日

I don't twitter

↓というわけで、来週月曜の講義ネタはこのニュース(「菅」財務相、「勘」違いで「官」頼り)。新首相すらよく知らなかった(と噂されている)「乗数効果」と「消費性向」(正しくは限界消費性向)について説明する予定。

ところで、iPhoneではワンセグが見えない(見えるんだけど追加投資が必要)。阪神ファンをやめて通勤帰りの電車でナイター中継を見ることもなくなったし、まぁいいかと思ってたんだけど、昨日の民主党新代表選だけはとても気になって、出先から、ある人のTwitterでの実況中継をずっと追いかけてた(「私の予想では菅か樽床かどちらかが新代表になるだろう」「あなたの予想は冴え渡っている」「お褒めいただいてありがとう」という感じのムダな会話にヤキモキしながら・・・^^)。
ひさしぶりにTwitterにログインして(登録IDを思い出せなかった、三つほどの常用の偽名を試したがダメ、なんと本名=arapyで登録していた^^)、followのrequestがいくつか届いていることに気づいた。GmailのTrashを確認するとメールでも届いていたけれど(気づかなかった^^)、でも、ボクはTwitterしないので・・・。

城北公園 Sweet flag

2010年06月03日

いい顔をしている人

アラーキーの新刊『いい顔してる人』(\1200、PHP研究所)。

いちばんの裸は顔だよ、過去も現在もすべて顔にでる。用心しろよ!蟹工船じゃダメ。IT長者の顔もダメ。小沢鳩山の顔もダメ。現在(の境遇)に納得している・許容している、そういう人がいい顔してる。
まぁ、そうは言われてもなかなかネ・・・^^。写真はほとんど掲載されておらず、チョー論理的(というか、チョッカン感性のみ^^)の文章(ご高説)のオンパレード。まぁ、ひとり酒の肴にはちょうど良いと思ったので、Amazonに注文。

ところで、いよいよ菅直人総理の誕生?この人がはじめて選挙に出馬したとき(たしか30数年前に社市連から東京地方区に出馬して大敗)、大学のサークルで一つ上だった人が、大学も何もかもそっちのけで熱心に支援活動をしていた。たまに大学にやつれ果てた顔を見せて、「大学とはこんなに良いものか、雨よ降れ、降れば街宣がなくなる」などとサークル日誌に走り書きしていたことを思い出す。彼は卒業後もその筋でやっていただろうから、菅直人厚生大臣時代の薬害エイズ問題の処理では、彼もさぞかし鼻が高いだろうなどと勝手に想像していたものだった。菅直人の人相もあれからずいぶん変わった印象があるけれど、今回はどうだろうか。。

2010年06月01日

城北公園の菖蒲

14:30に仕事は終わるが、強い雨が降ってきて、京橋で立ち往生。ふと思いついて京阪電車に乗り、千林(せんばやし)で降りてみた。ここの井野屋は、新婚当時に(母と妻と3人で)いくつかの家具を物色した店。千林はあれ以来、20年振りか^^。商店街のどんづまりの広い道路(広場?)の記憶があって、探してみたんだけどイメージどおりの場所はなかった。雨が上がったので、城北公園まで歩く。菖蒲園は、まだ三分咲きくらいだった。あぁでも、もう少しじっくりと時間をとりたいな。。

城北公園 Sweet flag
城北公園 Sweet flag城北公園 Sweet flag