2011年2月アーカイブ

今日の夕暮れ

拙宅ベランダから

新入生向けパンフが完成したようですね。各教員のプロフィールは学部サイトにも掲載したいね(こんな感じではいかがでしょう)。

大声、眼鏡の価格破壊

日帰り手術後からまだ禁酒状態、これだけがつらいのね^^。

喫茶店で外人さんと会った。真向かいに座った若い男のグループが、店中に響き渡る大声で下らない話を続けている。いつもは無視するんだけど、騒々しくて英語が聞きとれないものだから頭に血がのぼり^^、とっさに「おい、もうすこし静かに話してくれ」という言葉が口をついて出てしまった。しかし、間髪入れずに「ゴメンなさい」という言葉が返ってきたのには、注意したこちらも逆にビックリ^^。彼らはコーヒーも飲みかけのまま、そそくさと店を出て行った。「日本の若者はなぜあんなに大きな声で話すのか」と問われたが、「悪意はないようだけど・・・あいつらバカだから」としか答えようがなかった。

6年ぶりに眼鏡を新調。メガネの価格破壊はすさまじいようで、同じ遠近両用タイプのものが、6年前の1/5の価格で買えた。喜んでいたところ、なんと、ボクが購入した店(業界トップの大手チェーン)は、さらに低価格で販売する業者の新規参入により、すでに「青息吐息の状況」だそうだ。この記事(週刊ダイヤモンド)によると、国内大手ブランドのレンズが海外生産により大幅にコストダウン、中国製のフレームも品質の向上がいちじるしく、もはや国産メガネと変わらないらしい。 消費者にはうれしいことだが、旧来の国内生産者にとっては厳しい現実だ。でも、消費者余剰(消費者がトクする分)は増え、新規参入業者の生産者余剰も加えると、旧生産者の余剰損失を差し引いても社会全体の効用(満足)は増えている。たとえ、関税等の政策介入(規制強化)でこの流れを一時的に押し戻せたとしても、それは、消費者と新規生産者の犠牲のうえに、旧生産者の既得権益を守ることにしかならない。これはミクロ経済学の基礎知識で、同様の応用例は多くある。たとえばタクシーの規制緩和。旧生産者の組合は「労働者の暮らしを破壊する」と猛反対したが、消費者の暮らしや新規業者(で働く労働者)の暮らしは、彼らの眼中にはない。

ユニオンジャック

西梅田

本日(日曜)は大学院入試。明日の日帰り手術に備えて食事制限中、空腹がもたらすいらいらのなかで面接を担当。何事にも、いらいらはよくない。やたらに声が大きい隣の面接官が山口出身だったためか、面接のあいだじゅう、中也の詩の一節が頭をめぐってた。あぁおまへはなにをしてきたのだと・・・いや、来し方を振り返り自分に対して。

大雪の日

カレンダーを見返すと、この一ヶ月ほど、平日はほぼ毎日大学に通っている。昨日(月曜)はひさしぶりに何もないかと思いきや、論文指導小会議とかいうものが入っていた。これに招集されるのは2年ぶりだが、昨年にも同じ会議はあったらしい。年によって呼ばれたり呼ばれなかったりするのは恣意的だ。2年前のコメントが通じておらず、依然としてあやしげな分析。もう一度丁寧に説明すべきかどうか迷ったが、この場にいる誰もそんなことは望んでいないだろうとも思えたので、やめた。午後3時には大学を出たので大雪による混乱には巻き込まれずに済んだけれど・・・私の上に降る雪はひどい吹雪とみえました^^。

雪のチャペル(iPhone 3GS)

写真部OB会

顧問をつとめる写真部OB会に招かれて、参加した。会長をはじめ、皆さんがなごやかな方々ばかりで、楽しませていただけた。それにしても、写真に関してはこだわりを持つ方ばかりで・・・^^。 原点は70年安保でゴリゴリの「社会派」だったとか、かの棚橋紫水を講師に招いたこともあったが「屁理屈だけのおっさんやった」とか・・・^^。かつての名物顧問、故・竹浪祥一郎教授(社会主義経済論)の撮影された写真も拝見。おだやかな湖畔の風景写真、人柄がにじみ出ている。

SQL

某委員会にて某館長の発言、「せめてゼミ生の成績情報は自由に閲覧したい」。我が意を得たりと、深く同意^^。私の場合、個人を特定できなくてもよいから(学生IDは不要)、自分の担当科目を履修している全学生の過去の履修科目と成績が知りたい。どの入試制度で入学してきたかも知りたい。もちろん、担当科目の難易度調整などにフィードバックさせるのが主たる目的だけど、包括的な分析をしてみれば、カリキュラム改革や入試戦略の一助になるかもしれませんね(むかし入試に関わっていた頃にやりかけたことがあったんだけど・・・)。

で、会議のあと、こうした要望を満たすためにはシステム改良にどれくらい予算がかかるか、というような話になったわけだけれど・・・某他学部では個人情報開示の是非を延々議論しているとかいう噂も聞いたんだけれど・・・ まぁ、おカネをかけなくても、SQLコマンドを二つたたけばできるはずのことではあるんだけれど。。たとえば、指導教員Aさんのゼミ生の情報をAさんだけに見せたいなら・・・create view なんとか as select * from かんとか where 指導教員='A'; grant select on なんとか to A;

梅香

「梅香」という地名が残っているくらいだから、拙宅近辺は梅の名所だったはず。でもいまや、背景に高架・電線・廃墟、建設現場の砂埃とクレーンの騒音。

7notes

iPad用のアプリ 7notes を発売と同時に購入した。元ジャストシステムの浮川夫妻が開発したもの。この夫妻が新領域で作るものなのだから、きっと、トンでもないものだろうと期待して・・・^^。そりゃ、浮川といえば、jxWord太郎(「一太郎」の前身)。これが世に出たときの衝撃は未だに忘れられない。学習機能は無かったけれど、素晴らしい日本語変換効率。パソコンソフトというのはこんなに楽しくてワクワクするものなんだとしみじみ実感したものだった^^。ちなみに、当時主流のワープロソフトは梅だか松だかという高価な(デキの悪い)代物で、jxWord太郎はそれの半額以下の価格で販売され(しかも、オーバートラックをチェックするだけのきわめて良心的な^^コピープロテクト)、この種のソフトの利用層をいっきょに広げた功績も大きかったと思う。

で、かんじんの新ソフトのほうは・・・さすがに今のご時世では、「太郎」ほどの衝撃はないけれど、やはりひと味ちがう、まぁ良くできている^^。さいきんは、会議の議事録や重要書類などもすべて iPad に入れて持ち運んでいて、ノートや予備原稿、想定質問への回答などなどもすべて iPad の手書きアプリでこなしているんだけど、このソフトはノートづくりにちょうどよい(わたし、大事な話はフローチャートにしてロジックを整理しておかないといけないタイプ=要するに「回転が遅い」タイプなので・・・^^)。

梅にメジロ(近所の公園)

このアーカイブについて

このページには、2011年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年1月です。

次のアーカイブは2011年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.13-ja