週末のパソコン関連

新しいAppleTVを予約注文したので、家庭内無線LANをスピードアップせねばならない。地元のヤマダ電機で、店員が「2.4GHz帯では世界最速」と薦めてくれたNECのAtermを購入して、数年ぶりに無線ルータを入れ替えた。たしかに速くなった。といっても、拙宅マンションのつくりは無線向きではないようで、たかだか15Mbps程度(まぁこれまでは繋がらないことも頻繁にあったのだから、飛躍的な改善)。
というわけで、以前からやりたかったこと(リビングのソファに寝転がって大学のサーバを遠隔操作)を実践に移した。iPadにプライベート鍵を入れて(テキストファイルでGoodReaderにUSB転送→iSSHにコピー&ペースト)、快適に操作できる。ついでに、iPhoneにも同様の作業をほどこした。めがねをはずして凝視すれば halt コマンドくらいは打てることを確認(viで編集はちょっと無理)。

Parallels(エミュレータ)のアップデート料が50%オフのセールだったので新バージョン(ver7)をインストールしたところ、仮想マシン4台(CentOS 5.6, Ubuntu 11.04, Windows XP, Windows 7)の作動がおかしくなった。でももう慣れっこなので^^、あわてず騒がず、試行錯誤の末に事なきを得る。
ちなみに、CentOS 5.6 は(大学の)Moodleなどの動作確認のために、Ubuntu11.04とWindows7は(大学の)実習室環境のシミュレーションに、そして Windows XP は、虎の子の TSP4.5(古き良き統計ソフト)を使うため。それぞれ使い道が明確な仮想マシンたち^^。Windows 8 評価版(無料)の仮想マシンがおまけでついてきたので、これを5台目としてインストール。ちょっと楽しめそう。

新しいMac OS(Lion)はやはり良くない。オートセーブとかバージョン管理とか、そんなものは自動でやってくれなくていい。ボクは、パソコンがぜんぜん信頼できなかった昔から、何か書き換えたら必ず【上書き保存】を押す習性があるので、バージョンの保存庫?がやたらに増えて満杯になるらしく、Keynote(パワポのMac版)などは使っているうちにどんどん動作が重くなって、しまいにはハングアップしてしまった(まったく有害無益な新機能^^)。

このブログ記事について

このページは、eiichiが2012年3月12日 07:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Apple TV」です。

次のブログ記事は「ボーナス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.13-ja